稲わらの猫ちぐら作成

今日二つ目の投稿です。
前のもぜひ見てください。

四個目の猫ちぐら、また売れました。試作品だったので売れないかなあと思っていたのですが、先日三個目の猫ちぐらを買ってくださったかたがもう一つということで買ってくださいました。作るはげみになりました。

四個目の売れた猫ちぐらです。


d0378733_22574904.jpg

現在5個目を作成中です。約10日かかりここまであみました。

今回も試行錯誤の末、入り口部の編み方を変更しました。まだまだ上手ではありませんが今までの中で一番良いのではないかと思っています。今後はこの編み方を続けていこう考えています。

d0378733_11261020.jpg


d0378733_11280817.jpg

1月18日は吹雪で前もよく見えない状態でしたが今日は、とても良い天気です。道路の雪もほとんどなくなりました。今年はこんな感じの繰り返しのようです。

d0378733_11363267.jpg
d0378733_11370087.jpg
d0378733_11372986.jpg
昨日精米にいったら精米所の戸のところに小鳥が雨宿り(雪宿り)していました。

d0378733_11391898.jpg


# by amu-like | 2019-01-22 11:48 | ハンドメイド | Comments(0)

私が作る稲わらの猫ちぐら(藁の下処理、猫ちぐら底面作成)

最近、インターネットを駆使しやっと試行錯誤の結果、私流の猫ちぐら作りのおおよその過程が決まりましたので紹介します。

藁の処理をします。

直径40cmの猫ちぐらを作るための稲わら約25束用意します。

d0378733_12570923.jpg
一本一本藁の葉をとり、茎のみ使用します。

d0378733_12582968.jpg
すべて処理した稲わらです。

d0378733_12594174.jpg
稲わら2本で輪をつくりねじってながします。

d0378733_23163560.jpg
その穴に藁を通しねじります。それを繰り返し穴がふさがるまでつづけます。
d0378733_23190621.jpg
d0378733_23193646.jpg
d0378733_23201215.jpg
d0378733_23204090.jpg
d0378733_23212645.jpg
d0378733_23220108.jpg
次に2段目を編んでいきます。金具を通し藁を引き抜きます。
d0378733_23231972.jpg

d0378733_23235444.jpg
d0378733_23341219.jpg
藁をしっかりしめねじり流します。
d0378733_23353779.jpg
時々このように目をふやします。
d0378733_23391400.jpg

同じように二段三段と編み進めていき直径40cm位まで編んでいきます。

d0378733_23404246.jpg
d0378733_23410868.jpg
編むときは節をそろえねじるところにあたらないように、またできるだけ裏側にあたるようにします。ねじるところにあたってしまうと藁が切れてしまう恐れがあることと、表にあたると網目がきれいに見えません。
d0378733_22331494.jpg
直径約40cmになったら側面にはいりますので藁を立ち上げます。

d0378733_22341275.jpg
以上が底面までの編み方です。

# by amu-like | 2019-01-22 11:06 | ハンドメイド | Comments(0)

稲わらの猫ちぐら作成

稲わらの猫ちぐら作成、五個目に入ります。1月1日から約2週間かけて猫ちぐら1個分のわらを処理しました。1個作成するのに藁の束約25束使用します。一本一本、藁の葉をとり茎だけにします。藁くずは烏骨鶏の鳥小屋に使用します。

25束の藁です。

d0378733_12570923.jpg
一本一本藁の葉をとり茎だけにします。

d0378733_12582968.jpg
やっと猫ちぐら一個分の藁を処理しました。

d0378733_12594174.jpg
残った藁くずは烏骨鶏の鳥小屋に使用します。


d0378733_13003508.jpg
烏骨鶏のひよこも一羽だけいた成鳥と全然見分けがつかないほど大きくなりました。一羽の成鳥はここ一週間、毎日一個卵を産んでいます。

d0378733_13054306.jpg
d0378733_13061819.jpg
d0378733_13064037.jpg
d0378733_13070812.jpg
d0378733_13073025.jpg
先週の前半に雪が少し降り続いたのですが、後半全然降らなかったので道路には雪がなく快適です。除雪作業もしなくて良いため、軽油が減らなくて経済的にも助かります。

d0378733_13104117.jpg

d0378733_13351966.jpg
d0378733_13121779.jpg
今日の朝の道路には雪がありません。
d0378733_13365144.jpg
最近私の夫はみそ餅つくりを試行錯誤で作っています。これで続けて3回目。昨日ではなく今日の1時から3時にかけてつくっていました。

d0378733_13401220.jpg





# by amu-like | 2019-01-13 13:41 | Comments(2)

亀岡文殊

今日日本三大文殊のひとつ亀岡文殊に行ってきました。初詣はすでに近くの稲荷神社にいってきたのですが、近くにきたついでに回ってきました。京都の切戸文殊、奈良の安倍文殊と並び山形の亀岡文殊が日本の三大文殊とよばれているそうです。元旦には多くの初詣の方が押し寄せるため駐車場だけでは足りなく、付近の道路などの片側には車がたくさん駐車している状態で人混みが苦手な私は初詣には一回しか行ったことがありません。今日は、バラバラといただけで静かなお参りになってとてもよかったです。当然のことながら知恵の神様のため受験シーズンになると大勢の受験生でにぎわいます。
d0378733_21465660.jpg

d0378733_21473580.jpg
d0378733_21481957.jpg
d0378733_21484764.jpg
d0378733_21500727.jpg
d0378733_21505118.jpg
d0378733_21512878.jpg
d0378733_21520367.jpg
d0378733_21522816.jpg
d0378733_21525345.jpg
d0378733_21532716.jpg
d0378733_21540735.jpg
d0378733_21545471.jpg
d0378733_21553785.jpg
亀岡文殊の入り口付近にある茶店で\700のおそばを食べてきました。天ぷらそばにしては割と安かったのですが、やはり値段相応のお味でした。
d0378733_21550948.jpg


# by amu-like | 2019-01-05 22:55 | 農家 | Comments(4)

稲わらの猫ちぐら作成

約1ケ月かかってやっと稲わらの猫ちぐらが出来上がりました。入り口部を縄でくるんだことによりちょっと形が変形してしまうのを心配しましたが、最終的にはあまり目立たなくなりました。
d0378733_13235928.jpg
d0378733_13244493.jpg

d0378733_13253874.jpg
d0378733_13261734.jpg
d0378733_13271660.jpg
つい数日前まで雪は全然なかったのに、いまは、こんな感じです。でも雪が降っても夫が除雪をしてくれるので、私はいつも家の中でぬくぬくしています。

12月28日

d0378733_13303468.jpg
12月30日
d0378733_13311809.jpg
d0378733_13334821.jpg
12月31日

d0378733_13351560.jpg
今日は12月31日、昨日作ったお飾りもち(鏡餅)を家中に飾ります。もちの上に乗せる橙はスーパーには売っていませんでしたので、今年も橙の代わりのみかんになりそうです。

d0378733_13390739.jpg
皆様よいお年を

# by amu-like | 2018-12-31 13:40 | ハンドメイド | Comments(2)

大好きな編み物やお米、野菜の栽培状況など紹介します。


by amu-like
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る